• このコースは、平成22(2010)年度、大学院社会福祉学研究科の修士論文指導にかかるものです。参加者で内容を豊かにすることを心がけて運営したいと思います。連休明けから本格的に運用すます。